​極真館とは

 極真空手道連盟極真館は、極真カラテ創始者である故大山倍達総裁の遺志を受け継ぎ、武道空手の追求と青少年の健全育成を柱に2003年1月13日に発足しました。1994年の大山総裁逝去後、「極真」は複数の団体に分かれ、それぞれの理念の下に活動をおこなっていますが、我々極真館は、武道としての空手を追求していく中で、空手の基本・型・武器術を再度見直すとともに、現代の日本人が失いつつある礼節にも重きをおいた活動をおこなっています。

  極真館の稽古体系は、基本稽古の習得、移動稽古、型の分解や古来より伝わる武器術などの導入(棒・サイ・トンファ・ヌンチャク)、巻き藁や砂袋で拳足を鍛える部位鍛錬、中国拳法(意拳)の要素を取り入れた稽古法など多岐に及びます。

大山 倍達 総裁
 極真カラテの試合は素手・素足による直接打撃制が採用されています。手技による顔面攻撃を禁止している関係上、選手同士が膠着した状態で技を出し合う傾向が強く、また相手を押す行為などから「相撲空手」と揶揄された時期もありました。極真館では武道という観点で捉えた場合、無防備に相手に近づくことをルール上で制約し、常に手技による顔面攻撃を想定した間合いで試合を行うことを前提としています。また、相手を尊重することを大切にし、試合後のガッツポーズを禁止しています。(ガッツポーズをした際は失格となります。) 
 
 極真館では従来の直接打撃制ルールに加え、2006年4月29日の全日本ウェイト制空手道選手権大会より手技による顔面攻撃を認めた「ウェイト制真剣勝負ルール」を採用しています。(ウェイト制大会に限る)選手は安全上、拳グローブと肘サポーターの着用を義務付けとし、単にルールの過激さを標榜するのではなく、実践での戦いを想定した要素も含んだ内容となっています。
​盧山 初雄 館長

1948年3月31日

埼玉県行田市大字谷郷に5人兄弟の長男として生誕。幼い頃より武道に憧れ、高校1年の秋、池袋の大山道場に入門。

 

大山倍達極真会館総裁を初め、多くの極真の獅子達の下で極真魂の神髄を学ぶ。その後、各種の武術を体得する。

1973年

数々の試練を乗り越え、「第5回全日本空手道選手権大会」に優勝し、真の空手家、武道家としての一歩を踏み出す。

 

1980年4月
埼玉県に支部道場を開設、支部長として後進の指導にあたる。そのかたわら、真の強さを求め自己の修行に励む。

1994年4月
大山倍達総裁ご逝去。松井新体制のもと、極真会館の最高顧問・首席師範に就任する。

 

2003年1月
大山倍達総裁の遺志を継ぎ真の武道空手を追求する為、新組織「極真空手道連盟極真館」を設立。館長に就任。

大山総裁が遺された唯一の公益法人、財団法人極真奨学会を引き継ぎ、極真空手の統一を目指している。

  •         岡崎 寛人 首席師範

1961年4月
福島県生まれ。

中学1年生で極真空手を始める。

高校卒業後盧山道場に入門し内弟子となる。

福島県支部時代から盧山師範の薫陶を受け、盧山空手の神髄を学んだ後、福島県支部長として活躍。また古流空手道、居合道などを学び、型の第一人者として知られている。

2002年12月
極真会館を離れ、新組織「極真空手道連盟 極真館」副本部長として就任す る。

2012年4月

副本部長、支部長の役職を退任し、新たに首席師範に就任する。

            湖山 彰夫 本部長

1958年8月
鳥取県生まれ。

21歳で極真会館総本部入門。

後に盧山道場に移籍し、内弟子寮「盧山泊(ろざんぱく)」初代寮長を務める。

盧山道場で武道空手の神髄を学んだ後、極真会館山陰支部長として活躍。

2002年12月
極真会館を離れ、新組織「極真空手道連盟 極真館」本部長として就任す る。

 

極真空手道連盟 極真館 総本部道場 ‐ Copyright (c) Kyokushin-kan International Honbu All rights reserved.

© 2023 by Name of Template.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。